トップページ > お役立情報 > 吉野家とライザップのコラボでおいしくダイエットが実現

吉野家とライザップのコラボでおいしくダイエットが実現

吉野家とライザップのコラボでおいしくダイエットが実現

いつも時間が無く、外で外食ばかりになってしまい、運動もできないため太ってしまったというような経験はございませんでしょうか。そんなあなたに朗報があります!なんと吉野家があのライザップとコラボしたダイエッターのための吉野家ならではの低糖質商品を販売していることをご存知でしょうか。今回はそんな吉野家のライザップコラボについてご紹介します。

1.吉野家の低糖質商品

吉野家とライザップのコラボで生まれた商品がライザップ牛サラダです。どのような商品化というと、まさに糖質制限をするために生まれたメニューといった感じです。具体的には低糖質で高たんぱくなメニューに仕上がっています。まずはこちらについて詳しく見ていきましょう

1-1.ライザップ牛サラダ

ライザップ牛サラダ
ライザップ牛サラダ

税抜き 500円  
392 kcal
※テイクアウト可能

最初に紹介するのは吉野家とライザップのコラボ商品、第1弾「ライザップ牛サラダ」になります。吉野家のHPの紹介文には

「高たんぱく質、低糖質」のボリュームいっぱいのサラダです。定番の吉野家の牛肉だけでなく、鶏肉・ブロッコリー・半熟玉子とバランスよくたんぱく質を摂取できます。

とあり、糖質制限を行っている人に向けてのサラダです。牛丼のお米をキャベツの千切りに変えているだけの印象があるかもしれませんが。豆や卵、鶏肉を入れることでたんぱく質を補うようにしているのが特徴です。

1-1-1.ライザップ牛サラダの特徴

ライザップ牛サラダの糖質とカロリーなどの栄養素は以下のようになっています。

ライザップ牛サラダ糖質
糖質17.2g
カロリー392kcal
タンパク質29.0g
脂質23.1g

吉野家の牛丼並盛の場合は、652kcal、糖質92.8gとなっているため、牛丼と比べるとかなりヘルシーなメニューとなっています。サラダなので当たり前ですが、お米が使われていない分、糖質がかなり抑えられています。

糖質がサラダの割に高めとなっていますが、これは牛丼にのっている肉を使っていることで糖質が上がっています。

使われている食材は

  • 牛肉
  • 玉ねぎ
  • 鶏肉
  • 豆類
  • ブロッコリー
  • キャベツ

主にこれらが使われているようです。

そのほかの特徴として、鶏肉、豆、卵と加えることで、サラダですが高たんぱくな商品を実現しています。糖質制限中に必要な栄養素を盛り込んだメニューになっている商品です。さらに500円というワンコインで購入できるというのが強みです。

1-1-2.第1弾のメニューは74日で100万食を突破!

こちらのライザップ牛サラダは、2019年5月9日の発売から74日後の7月21日に100万食を突破したようです。それだけこのメニューのリピーターや選んでいる人がいるようです。

1-2.ライザップ牛サラダエビアボカド

ライザップ牛サラダエビアボカド
ライザップ牛サラダ エビアボカド

税抜き 600円  
418 kcal
※テイクアウト可能

次に紹介するのはコラボレーションメニューの第2弾「ライザップ牛サラダエビアボカド」になります。吉野家のHPの商品紹介では

より「高たんぱく質、低糖質」になった新ライザップ牛サラダエビアボカドが登場!サラダと相性の良いエビとアボカドを加え、食感も彩りもアップしました。

とあるように、さらにたんぱく質をとれるようにアボカドとエビを加えた商品を販売開始しました。基本的には牛サラダと同じですが、アボカドとエビを追加してボリュームを上げたメニューになります。

1-2-1.アボカド牛サラダエビアボカドの特徴

ライザップ牛サラダエビアボカドの糖質とカロリーは以下のようになっています。

ライザップ牛サラダ エビアボカド
糖質14.7g
カロリー418kcal
タンパク質32.0g
脂質26.2g

吉野家の牛丼並盛、652kcal、糖質92.8gと比べると、こちらもかなりのヘルシーメニューとなっています。

使われている食材は

  • 牛肉
  • 玉ねぎ
  • 鶏肉
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • エビ (New)
  • アボカド (New)

となっており、コラボ第1弾のライザップ牛サラダとの違いは、豆類が外され、メニュー名の通り「エビ」と「アボカド」がプラスされています。

豆をレシピから外したからなのか、糖質が以前のものよりも下がっています。しかし、エビとアボカドを追加することにより、脂質とタンパク質がさらに多くなって糖質制限向きのメニューに改善されています。

なおタンパク質については32.0gと高たんぱくになっており。厚生労働省のデータによると体重1kgあたりの0.8gのタンパク質をとることが推奨されてるので、体重が60kgの人なら1日の必要量が48gとなりので、このサラダで1日の半分以上のタンパク質を摂取することができます。

お値段は、以前のものよりパワーアップしているからなのか、100円アップの600円になりましたが、糖質制限中に多くとる必要があるたんぱく質を一気にとることができるので、お勧めのメニューです。

1-3.コラボ商品だが、終売の予定なし!

コラボ商品といえば、期間限定!のイメージが少なからず皆さんもあるのではないでしょうか。しかし、この吉野家とライザップのコラボは違います!コラボ商品でありながら、ライザップ牛サラダとライザップ牛サラダエビアボカドの2つのメニューはなんとグランドメニューとして扱われているのです。

疑っている方もいるかもしれませんが、以下に吉野家のHPのメニューのリンクがあるので、ご自身で確かめることもできます。※サラダでありながら、牛丼のカテゴリに入っています。
吉野家 メニュー

通常、期間限定商品にはメニューの画像に、「季節限定」や「期間限定」などの文字があるのですが、ライザップ牛サラダにはそれがありません。そのため、現在のところいつでも食べることができるのです!ダイエット中で食べるものに困ったときにいつでも食べることができるメニューですので、ダイエッターの強い味方になってくれるでしょう。

1-4.取り扱っていない店舗もあり

これほどまでにダイエッターのための素晴らしいメニューなのですが。1点残念な点があります。それは取り扱いがない店舗もあるということです。

以下がライザップ牛サラダの取り扱いが無い店舗(2020年2月6日時点)です。

地区都道府県店名
北海道東北北海道新千歳空港店
宮城県イオンタウン仙台泉大沢店
関東東京都石川パーキングエリア店
羽田空港国際線旅客ターミナル店
ボートレース平和島店
羽田空港第1ターミナルビル店
神奈川県海老名サービスエリア店
大国パーキングエリア店
千葉県成田国際空港第2ターミナルビル本館店
栃木県ジョイフル本田宇都宮店
北陸・中部愛知県美合パーキングエリア下り店
尾張一宮パーキングエリア下り店
中国山口県佐波川サービスエリア下り店
佐波川サービスエリア上り店
九州・沖縄熊本県玉名パーキングエリア店
沖縄県イオン南風原ショッピングセンター店
イオン具志川店

以上の17店舗が残念ながら、紹介したライザップ牛サラダの取り扱いが無い店舗になります。ほとんどが高速のサービスエリアやパーキングエリアです。

吉野家の国内店舗数は1200店舗ほどなので、取り扱っていない店舗はほんの一部になります。別の吉野家に行けば食べることができるので、探してみましょう。

2.実際に食べてみた人の感想

どのような商品かはお判りいただけたかと思います。そこで気になるのはやはり味についてです、そこでSNSで上がっていた人の意見をご紹介いたします。

このようにSNS上ではおおむね好評です。味についてはほとんどの人は文句は内容で、むしろおいしいとの感想を持っている人が多いようです。たんぱく質も取れるため、筋トレをしている人にも好評なのが目につきました。

ただ、やはりサラダということがあるので物足りないと感じている人も少なからずいた印象です

3.サラダだけでは、ダイエットは難しい

今までご紹介した通り、ライザップ牛サラダはとてもヘルシーなメニューになるため、ダイエットをしているひとにとっては最適なメニューになります。

しかしダイエットに最適といってもやはり注意しなければならないので、その注意点についてご説明します。

3-1. 牛サラダを有効に使うには

先ほども説明したように、牛サラダはダイエットには最適のメニューです。しかし、やはりサラダですので基本的にメインメニューの付け合わせと考えている人も少なくありません。その点について注意する必要があります。

3-1-1. 牛サラダ+αは厳禁

これはそのままの通りで、牛サラダに+αで何か頼むのは厳禁です。いくらサラダがヘルシーだといっても+αの部分でカロリーオーバーしてしまっては意味がありません。さらに牛丼屋ということで1杯当たりのご飯の量もかなりの量になるため、多くの糖質をとってしまう可能性があります。そのためにも牛サラダのみの注文にしましょう。

また、頼んでいいものは吉野家のセットにある、味噌汁と漬物のセットになりますので。サラダ以上のメインとなるメニューについては注文しないようにしましょう。

3-1-2. 牛サラダで1食を済ませる

これも上と同じ考えですが、牛サラダで一食を済ませるようにしましょう。サラダであるためあまり満足度が高くなく、腹持ちしないため他のものに手を出しがちになってしまいます。1食を置き換えることでダイエットができるので、出来る限り1食を牛サラダと置き換えるようにしましょう。なお、一番効果的な置き換えは夕食です。これは、夕食が一番食べてしまうということもありますが、夜は後は寝るだけになるため、そこまでのカロリーは必要となりません。そのため、多くのカロリーを摂取してしまうとそれを消化しきれずに脂肪になってしまうため、夕食を牛サラダに置き換えることでダイエットの効果が増します。

4.なんで吉野家とライザップがコラボしてるの?

ここまで当たり前のように、吉野家とライザップのコラボ商品について語ってきましたが、なぜ吉野家とライザップがコラボしているかご存知でしょうか。

牛丼といった、ご飯大盛の糖質たっぷりのメニューを提供している吉野家と。低糖質での減量を推奨しているライザップはまさに正反対に位置するものです。

しかし、コラボにはやはり双方に利益があるものでした。

4-1.吉野家がライザップとコラボした理由

吉野家がライザップとコラボした理由は、お客様のニーズを見抜いたためでした。

吉野家ではコラボする少し前にグランドメニューの見直しを行っており、「超特盛」というヘルシー志向とは逆行するようなメニューを新たに作り売り出していました。この超特盛はお肉をがっつり食べたい人に対して刺さり、発売から1か月で100万食を突破するほどの人気メニューになりました。※こちらで吉野家の超特盛を特集しています

この時、「超特盛」と一緒に「超小盛」も展開していました。そのインパクトから超特盛の方が注目されていたのですが、実は超特盛と同じほど超小盛も売れていたようなのです。

この結果をみて吉野家はやはりヘルシー志向の高まりの中で、吉野家には来ているけれども糖質を気にしているお客さんがいることに着目したようです。

ここに活路を見出した吉野家は、低糖質の食志向を作り上げた、ライザップにコラボ企画を持っていったという経路があったようです。

ヘルシー志向の高まりを自分たちの店の注文状況から見抜き、お客のニーズをみたしたメニューを作り上げても元々の客層が違うため、低糖質の食といえばの看板としてライザップの名前を使うことでPRできればと考えたのでしょう。

4-2.ライザップが吉野家とコラボした理由

一方でライザップが吉野家とコラボした理由についてですが。ライザップはトレーニングを行っている人たちに、「高たんぱく質、低糖質」の食事を推奨しています。これはトレーニングを行い代謝を上げるために、筋肉をつけるための食事になります。

しかし、高たんぱくで低糖質の食事はあまりおいしいものではなく、その部分で苦痛に感じる人も少なくないようです。さらに高たんぱく・低糖質の食事は外食では取り扱っている店舗が少ないため、気軽に摂ることができないという点も障害になっているようでした。

そのような状況を何とかできないかと考えていたところに、吉野家からコラボの話が舞い込んできたようです。

吉野家は全国に1200店舗以上の大手外食チェーンです、高たんぱく・低糖質のメニューを吉野家で出すことができれば、おいしい高たんぱく・低糖質のメニューを気軽に食べることができ、ライザップユーザーの悩みを解決することができると考えコラボを行ったようです。

このように、吉野家とライザップは一見関係がないような店舗でしたが、ヘルシー志向の高まりで双方に利益がある形となったため、コラボが実現したようです。

5.まとめ

いかがでしたでしょか。吉野家のライザップ牛サラダはダイエットには最適なメニューです。カロリー制限や糖質制限を行うときには必須なたんぱく質を多く含んでいるてんもオススメできます。また、1日に摂取する野菜の3分の1の量もあるため、野菜不足の人に対してもオススメです。気になる方はぜひ注文してみてはいかがでしょうか。