トップページ > お役立情報 > 禁酒はダイエットの味方!方法をご紹介

禁酒はダイエットの味方!方法をご紹介

禁酒はダイエットの味方!方法をご紹介

お酒が好きな人にとって、禁酒は一苦労ですよね。お酒を控えなければいけないけど中々上手くできない方もいるのではないでしょうか。禁酒はダイエットに効果的なのか、そもそも禁酒をするとどうなるのか気になりますよね。そこで今回は禁酒の方法やメリット・なかなかうまくできない方向けの始め方や禁酒とあわせてできるダイエット方法などをご紹介します。実際の体験談も載せていますので参考になれば嬉しいです。

1.禁酒はダイエットの味方!

禁酒はダイエットの強い味方です。なぜ強い味方なのかその理由を詳しく説明していきます。

1-1.満腹中枢が機能するので食べすぎを防ぎダイエットに繋がる

満腹中枢

飲み会などで散々食べたはずのに、締めにラーメンを食べよう!となったことはありませんか?実はこれには理由があります。アルコールを摂取すると「満腹中枢が麻痺」してしまうので食べすぎたり、味覚が鈍くなってしまうことが原因になります。つまり、アルコールを摂取すると「たくさん食べてしまう」「味の濃いものやカロリーの高いものが恋しくなる」というダイエットとはかけ離れた脳になってしまいます。不要な食事までとってしまうのはすごく怖いですよね。お酒を飲まないことで、この「食べ過ぎ」を防ぎ、ダイエットに繋げる事ができます。

1-2.他にも嬉しい効果が!睡眠の質が変わる!

寝ている女性

お酒を飲むと、実は体の中はブラック企業状態になります。というのも、体内のアルコールを一生懸命分解しようとしているので、眠っている間も肝臓をフル稼働させ、エネルギーを使い続けているんです。こんなブラックな状態では身体も休まりませんよね。なんとなくお酒を飲むと眠りやすい気がしますが、身体は全く休まっていません。結論、睡眠の質は低下しています。禁酒することでホワイト企業のようにしっかりとOFFの時間を作ることができるので身体の休息の面でも禁酒はおすすめです。

1-3.お肌やむくみにも嬉しい!

自分の肌を触っている女性
先程も説明したように、アルコールを分解する際は、ブラック企業のごとく働き続ける必要があります。結果、肝臓が疲れてしまい、お肌のターンオーバーが乱れてしまうので、肌のトラブルが発生したり、むくみやすくなってしまったりします。禁酒することで、飲酒による肌トラブルを防ぐことができるので、お肌が元気な状態を保ちやすいということになります。見た目にも変化がでるのは嬉しいですよね。

2.難易度は?期間別に見る禁酒したときの違い

禁酒日記

禁酒をすることで得られるメリットをご紹介したところで、実際に禁酒生活をどのくらいすれば変化がでてくるのか気になりますよね。ということで、私の友人に聞き込みを入れて、「2-3日飲酒する日々→3ヶ月禁酒」した友人を見つけましたので、その体験談を記載していきます。あくまで、個人の意見として載せていますので全員がこの通りというわけではないですが、少しでも参考になれば嬉しいです。(2章は友人の言葉をそのまま載せています)

2-1.禁酒1~2日目で目覚めすっきり

朝になり伸びをしている男の子
最初はアルコールに頼っていたのでとりあえず寝れない。今までの生活と違うから逆にストレスだった。アルコールで眠っていた部分があったんだなと痛感した。

  • お風呂にゆっくり浸かる
  • 寝る前にストレッチをする
  • とりあえず寝る目標時間を決めて30分前には布団に入る!携帯は禁止!

これを意識したら少しずつ眠れるようになると思います。
あとは、朝の目覚めが良くなりました。朝のスタートが良くなるので、あまり飲みたいとは思わなくなったのは驚きました。

2-2.禁酒1週間で体重に変化が

体重計と男の子
禁酒の前は68㎏でしたが、ふと、体重計に乗ると65.8㎏になっていてビックリしました。マイナス2.2㎏短期間で痩せたのは初めてだったので、嬉しかったです。頑張って夜のおつまみもなくしていたのでその影響かなと思います。とりあえず、「酒のつまみは封印!」これは鉄則です。あとは、しっかりお昼と夜ご飯を食べて間食はしない!どうしても食べたくなったら、氷を1個だけ食べる。でも、氷は食べすぎると依存しやすくなるらしいのでご飯をちゃんと食べてお腹いっぱいになることがポイントかなと思います。 

2-3.禁酒1ヶ月でお腹の調子に変化が!

お酒をたくさん飲んでいた時はすぐお腹の調子が悪くなっていましたが、急にトイレに行きたい!と思わなくなりました。健康面でもいい変化がでできて嬉しかったです。
キラキラしている体のパーツ
あとは夜眠れなくなることはなくなり、かなり生活に慣れました。ですが問題もでてきました。正直、周りがSNSにお酒を載せているのを見たり、仕事で疲れた日は「飲みたい」という衝動に駆られて「くそ~」と思う場面もありました。そんな日は気持ちを紙に書いて落ち着かせていました。禁酒してから、飲酒していた時間がないので暇になって、自分の気持ちと向き合う時間に変わったので、なんだか考える力が増した気がして知的生産性が上がった気がします。

2-4.禁酒3ヶ月で思うこと

禁酒して一番良かったのは、体重が変化したことと前よりも自分を好きになれたことです。禁酒したことで食べすぎがなくなったし、飲酒していた時間を自分の気持ちを書き出す時間にしたら、何かトラブルがあってイライラしたときに、前は何にイライラしているのか本当の気持ちが分かりませんでしたが、紙に書いてみると何にイライラしているか分かるようになって、気持ちの切り替えができるようになりました。意外と自分と向き合う時間もなかったので禁酒してよかったなあと思います。

3.禁酒で痩せない場合の原因を知り成功へ導きましょう!

友人の体験談は参考になりましたでしょうか。あくまで個人の感想ではありますが、「禁酒してよかったよ」と言っていました。ですが、中には「禁酒したけど痩せなかった」と思う方もいるかと思います。次に、禁酒で痩せない方に見て頂きたい成功への近道をお伝えします。
決意する男

3-1. お酒のお供のおつまみはダイエットの敵

禁酒する際に陥りがちなミスがお酒を辞めたけど、そのストレスでお酒と一緒に食べていたおつまみをたくさん食べるようになってしまうことです。これでは間食が増えてしまいますので、ダイエットには繋がりません。お酒のおつまみはカロリーが高いものが多いので太ってしまう原因になります。夜ご飯をしっかり食べて空腹にならないようにしましょう。

3-2.ストレスが原因になっている場合も

特に女性に多いのですが、禁酒のストレスでホルモンが乱れてしまいなかなか痩せない場合があります。私の友人のようにストレスを紙に書くのもストレス発散になります。また、お酒に代わって読書をするなど新しい趣味を見つけて少しずつストレスを減らすようにしましょう。

4.禁酒ができない人の乗り越え方

禁酒しないといけないと分かっていても日々の習慣を変えることは簡単なことではありません。禁酒を頑張るための方法をご紹介します。

4-1.完全に禁酒が難しい方は減酒から!減酒の際はここを注意!

完全に禁酒が難しい方は減酒からはじめましょう。ビールなどの糖質が多いものではなく「ハイボール・ウィスキー・焼酎・ジン・ウォッカ・生レモンサワー(レモンサワーは生以外NG)」は比較的糖質が少ないので、なるべくこの中から飲むようにしましょう。また、お酒と一緒に水などの水分をしっかり飲む・ジンジャーエールなど砂糖が多いジュースで割らずお湯割りにする・飲んだ翌日は海藻や魚介をとり、代謝を助けましょう。

4-2.禁酒を助けるアプリをご紹介

禁酒を助けるおすすめのアプリの名前をいくつかご紹介します。ご自身に合うアプリを活用してみてください。(アプリインストールに伴うトラブルの責任は負いかねますので自己責任で選定してください)

  • 飲酒カウンター – 酒をやめる(EasyQuit)
  • AlcoDroid Alcohol Tracker
  • Quitzilla
  • 減酒にっき
  • 継続する技術

4-3. アルコールに依存してしまう方へ!代わりになる飲料はこれ!

どうしてもアルコールが飲みたい!そんなときにおすすめな飲料を3つご紹介します。

  1. 炭酸水:のどごしも良い+低カロリーが嬉しいです。レモンの味がついているものもおすすめです。
  2. 牛乳:軽い空腹も満たせるので飲みたい気持ちを軽減できます。
  3. 味噌汁:塩分の摂り過ぎに注意しつつ飲むようにしましょう。気分転換になります。

5.禁酒と併せて行いたいこと

ダイエット中は適度な運動をして筋力をつけることもカギになります。ストレスのない範囲で簡単にできるダイエット方法をご紹介します。

走っている女性

5-1.同時にできるダイエット方法1:ストレッチ

節や筋肉は使わなければ柔軟性を失います。毎日5分のストレッチから始めましょう。ストレッチのやり方としては足首・ふくらはぎ・股関節のストレッチを最初に行い、お尻・背中へと上がって行きましょう。ストレッチを始めたばかりのときは辛いかもしれませんが毎日ストレッチを続けることで可動域が広がり、痛みを感じにくくなります。可動域が広がることで代謝が向上し、脂肪がつきにくい身体づくりを助けてくれます。

5-2. 同時にできるダイエット方法2:腹式呼吸

普段意識をしないと肺だけを使い呼吸していますが、お腹を引っ込めたり、膨らましたりする腹式呼吸を取り入れましょう。単にお腹を動かすよりも息を吸うところから意識すると効果的です。鼻からゆっくりと息を吸い、お腹を引っ込めます。息を吐くときに少しお腹が膨らむようなイメージで行ってください。腹式呼吸が無意識にできるようになれば腹筋を鍛えることができます。

6.禁酒を解禁した後の注意点

禁酒を解禁した後の注意点についてご説明します。

6-1.リバウンドに注意しましょう

汗をかく男性
我慢していたお酒を解禁することでリバウンドしてしまう恐れがあります。適度な運動を心がけてリバウンドに注意しましょう

6-2.飲みすぎには注意しましょう

我慢した反動で毎日の晩酌が癖になってしまったら元も子もなくなってしまいます。せっかく良い習慣が身についたものをゼロにするのではなく、週に数回にとどめたり、飲む量を調節して飲み過ぎないようにしましょう。

7.まとめ

禁酒はダイエットをしたい方にお勧めということがお分かりいただけたかと思います。禁酒は簡単なことではありませんが、ダイエットにはおすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。