トップページ > お役立情報 > すき家裏メニュー2000キロカロリー越えキング牛丼についてご紹介

すき家裏メニュー2000キロカロリー越えキング牛丼についてご紹介

すき家裏メニュー2000キロカロリー越えキング牛丼についてご紹介

ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、大手牛丼チェーン店のすき家には、驚くべき裏メニューがあります。それは常識を超えたサイズのキング牛丼と呼ばれる牛丼です。今回は、そんな常識は外れの牛丼、キング牛丼について、どんな牛丼なのか、その気になるカロリーや糖質などについてご紹介します。

1.期間限定だったキング牛丼は裏メニューとして生き残っている

すき家にはデカ盛り裏メニューとして、メガ盛りの2倍、肉は並盛の6倍とコスパ最強キングサイズが存在します。メニューには非掲載ですが、伝票も印字される間違いなく注文が可能な裏メニューです。

昔、すき家で期間限定で販売されていたらしく、期間が過ぎて販売終了しましたが、裏メニューとして生き残っているようです。

1-1.キング牛丼のカロリーは2326kcalといわれている

メガ盛りの2倍、肉は並盛の6倍のサイズですので、カロリーが低いわけがございません。正確なカロリーは公開されていませんが、大体2326kcalくらいであろうといわれています。

1-2.キング牛丼の牛肉は並盛の6倍で大体510g

キング牛丼の肉の量は大体並盛の6倍といわれています。並盛の肉の量はおよそ85g程度といわれていますので、キング牛丼の肉の量は大体510gくらいということになります。焼肉でいうと3~4人前のお肉の量になります。いかにすごい量なのかがわかります。

1-3.キング牛丼のご飯の量は並盛の2.5倍で大体625g

キング牛丼のご飯の量は、並盛の2.5倍といわれています。並盛のご飯の量は、250gです。つまり、ご飯の量は、250g×2.5で625gとなります。家で食べる場合は、茶碗1杯で白米150gくらいですので、4回ほどおかわりしてようやく同じくらいの量になります。

1-4.メガ牛丼2杯でキング牛丼約1杯分!

始めて注文する際は、どうしても食べきれなかったらどうしようなどあるかもしれません。そこで、まずはキング牛丼の半分の量からトライしていてはいかがでしょうか。キング牛丼の量は、メガ牛丼の約2杯分です。そのため、まずはメガ牛丼から試してみてお腹に余裕があれば、その次にキング牛丼を注文してみてもいいかもしれません。ちなみにメガ盛りは牛肉255g、ご飯は360gくらいあります。

1-5.キング牛丼の価格は1140円でコスパがよい

牛丼並盛で350円ですので、キング牛丼の価格は並盛の3.2倍ほどの価格の1140円となります。つまり、キング牛丼が並盛3.2杯分よりも量的に多いようだったら非常にコスパがよいということになります。

下記に比較表を示しております。ご飯の量的には並盛3.2杯注文したほうが少しよいですが、牛肉の量は圧倒的にキング牛丼のほうが量は多くなっていますし、価格的にも20円高いだけですので、コスパ的には非常によいといえます。

 

並盛

並盛3.2

キング牛丼

牛肉量

85g

272g

510g

ご飯量

250g

800g

625g

価格

350円

1120円

1140円

2.キング牛丼の頼み方

キング牛丼は、裏メニューであるため、どのように注文したらよいのか、本当に注文していいのかなど、不安に思うこともあるかもしれませんので、ここではキング牛丼の注文の方法をご紹介します。

2-1.店員さんに「キング牛丼1つ」で注文可能

すき家のキング牛丼は注文方法もとても簡単です。裏メニューだからといって、特別難しいことはありません。「キング牛丼 1つください。」これだけでキング牛丼は注文できます。本当に注文できるのか不安もあ

るかもしれませんが、すき家の店員さんであれば、みなが知っているメニューですので安心して注文してみてください。

2-2.お店によっては断られることも

キングサイズは、レギュラーメニューではないので、もちろん注文できない場合もあります。どうもキングサイズは昔のメニューですので、新しい店舗では器がなく、注文できないことが多いようです。またタッチパネル式で注文するところも注文できないケースが多いようです。

すき家はもともと、集客数にあわせて食材を用意しているので、他のお客さんにもサービスが行き届くよう考えて、キングサイズのメニューを断られる場合もあります。

3.食べきれない場合は持ち帰りも可

キング牛丼を持ち帰ってシェアしたいと思う人も多くいますが、器が無いので、お持ち帰りはできないようです。キング牛丼は、店内での飲食にのみ利用できる裏メニューとなります。しかし、持ち帰りが全くできないわけではないようです。店舗によっては、キング牛丼の持ち帰りを注文したときメガ牛丼の器で2個だったら持ち帰りできますと提案くださる店舗もあります。持ち帰りを考えている方は事前に電話で聞いてみるようにしましょう。案外持ち帰りができるかもしれません。

4.2326kcalは成人男性の1日に必要なカロリー量と同等

キング牛丼のカロリーは、大体2326kcalくらいですが、実はこのカロリーは、成人男性が1日に必要なカロリーになります。いいかえるとキング牛丼1杯食べただけで1日の必要カロリーをほぼ摂取したようなものです。そのため、ほかに時間を空けて何か食べる場合は摂取カロリーオーバーになり太りやすくなるのは間違いないでしょう。そこで、キング牛丼を食べても太りにくくなる方法をご紹介します。

4-1.夜に食べるべきではない。食べるなら朝か昼に食べましょう

体重を気にされている方にとっては、夜に食べてしまうとよくありません。夜に食べてしまうと、夜の体の活動は少なく消費カロリーは極端に減ってしまい、夜に摂取した2326kcal分のカロリーは消費されず、結果太ってしまいますのでおすすめできません。朝や昼に食べる分には、まだ日中活動しますのでカロリーは消費できます。そのため、朝か昼に食べるのがおすすめです。

4-2.水泳やランニングを230分間するだけでなかったことに

朝や昼に食べるほうがいいのは間違いありませんが、仕事など忙しく夜しか食べれないという方も大勢いることかと思います。そこで、キング牛丼を食べて摂取したカロリーを消費するための方法をご紹介します。それは有酸素運動です。効率のよい運動が、ジョギングまたは水泳になります。個人差はありますが、1時間あたり大体500~600Kcalは消費できますので、4時間前後運動を行えばキング牛丼を食べたことをなかったことにできます。ここまで運動出来る時間はないと思いますので、キング牛丼を食べると決意した日は、朝や昼を少しだけにして夜はキング牛丼を食べて歩いて帰るようにしましょう。これだけでも相当カロリーを抑えられるはずです。

5.キングサイズは牛丼だけじゃない、カレーもキングサイズが存在する

すき家においてキングサイズのメニューは、牛丼だけではありません。実は豚丼(販売停止中)やカレーにもキングサイズが存在しています。

5-1.キング豚丼のカロリーは大体2458kcal 税込1140

ご飯が並みの約3倍弱、肉が並みの約6倍の量になります。価格は1140円。カロリーは約2240kcalと言われています。正式名は豚丼キングです。しかし、現状、豚丼自体の取り扱いがなくこの裏メニューも注文はできないと思われます。豚丼が復活するまでは注文も我慢しなければなりません。

5-2.キングカレーのカロリーは大体2580kcal 税込990

カレーのキングサイズがキングカレーはご飯が並盛の3倍、ルーが4倍と言われています。キングカレーの価格は1040円です。キング牛丼のコスパは並盛と比べ非常に良かったですが、キングカレーは並盛と比べてコスパはよいのか計算してみました。カレー並盛のルーの値段を490-160円(ごはん並盛分)=330円と計算した場合、カレーライス並盛3杯の価格490円×3の1470+カレールー並盛1皿の値段330円を足すと1800円となります。大体半額になりと考えるとキングカレーもかなりお得なメニューです。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。キング牛丼のカロリーは2326kcalくらいで、成人の1日に必要なカロリーに相当するほどの高カロリーメニューです。しかし、コストパフォーマンス的には相当よく、牛丼並盛で350円で、キング牛丼の価格は1140円となります。ご飯の量的には並盛3.2杯注文したほうが少しだけ量は多くなりますが、牛肉の量は圧倒的にキング牛丼のほうが量は多くなっています。また価格的にも牛丼並盛3.2杯よりキング牛丼のほうが20円高いだけですので、非常にコスパがよいです。

なお一回で食べきれない場合はお持ち帰りして小分けにして数日間かけて食べるというのもよいかもしれません。それだけコスパがよいものでした。

おすすめの食べ方としては、やはり朝昼に食べることです。夜に食べる場合は、様々な工夫をして極力カロリーを摂りすぎないようにしたほうが無難ではあります。例えばキング牛丼を食べると決意した日は、朝や昼を少しだけにして夜はキング牛丼を食べて歩いて帰るようにするなどです。

キングサイズのメニューは牛丼だけでなく、豚丼やカレーにもあります。豚丼は現在メニューから外されていますので、実質カレーだけですが、カレーも牛丼に負けず劣らずのメニューです。コスパ的にも非常に優秀です。

キング牛丼を食べきることができたヒトは、キングカレーにも挑戦してみてよいかもしれません。