トップページ > お役立情報 > いきなりステーキを楽しむ為の全メニューのカロリーやおすすめメニューのご紹介

いきなりステーキを楽しむ為の全メニューのカロリーやおすすめメニューのご紹介

いきなりステーキを楽しむ為の全メニューのカロリーやおすすめメニューのご紹介

ステーキを立ち食いでリーズナブルに提供することで話題になった、いきなりステーキ。自分の好きな部位を、好きな量だけ注文することができる、お肉好きの肉食系男女に有名なお店です。しかし、お肉といえば、「脂っこい」「カロリーが高そう」というイメージがあるのではないでしょうか。そんな方にいきなりステーキをより楽しんでもらうため、各メニューのカロリーやおすすめする食べ方をご紹介します。

1.いきなりステーキの定番メニューのカロリー一覧

いきなりステーキが提供しているメニューのカロリーを見ていきましょう。部位によって定量が決まっているので合わせて掲載します。

1-1. いきなりステーキの定番メニューのカロリー

メニューによってカロリーが異なるのはもちろん、肉の種類によってカロリーが全く違うことがお分かりいただけたと思います。同じ肉でも部位によってカロリーが異なり、健康やダイエットを気にされる方にとっても料理に活かせるのではないでしょうか。

1-2.サイドメニューのカロリー

いきなりステーキで提供しているサイドメニューで最もカロリーが高いのは、ライス(大盛)です。ダイエットを考えているのであれば、ライス(大盛)は避けた方が良いでしょう。どうしてもライスが食べたいということであれば、ライス(スモール)はライス(大盛)と比べ、約1/3のカロリーになるので、ライス(スモール)を頼んだ方が良いです。

2.カロリーが気になる人が、いきなりステーキで食べるべきメニュー・控えるべきメニュー

1章でいきなりステーキのカロリーが把握できました。カロリーが気になる人はいきなりステーキでどのメニューを頼めばいいのでしょうか。この章ではカロリーを気にしながらも、いきなりステーキを楽しむために食べるべきメニューと控えるべきメニューをご紹介します。

2-1.食べるべきメニュー

ミドルリブロース

ミドルリブロースステーキのカロリーは100g当たり約265kcal。いきなりステーキの中で一番カロリーが低いメニューになります。いきなりステーキが適用しているリブロースは、アメリカ産のリブロースを使用し、赤身と脂身が程よくバランスが取れている定番人気メニューです。その中でも、ミドルリブロースステーキは、トップリブロースステーキ・リブロースステーキよりもカロリーも低く、価格も低く味わうことができるので、ダイエットを意識しているステーキ好きの人にもおすすめのメニューです。

トップリブロース

トップリブロースステーキのカロリーは、100g当たり約269kcal。いきなりステーキの中で二番目にカロリーが低いメニューになります。ミドルリブロースステーキと同じくアメリカ産。リブロースの1番美味しい部分を厚切りしているのがトップリブロースステーキで、絶品の味わいをがっつりと堪能できるメニューです。

リブロースステーキ

リブロースステーキのカロリーは100g当たり約276kcal。いきなりステーキの中で3番目にカロリーが低いメニューになります。ミドルリブロースやトップリブロースと比較すると、カロリーは少し高めですが、他のメニューと比べるとカロリーは低く、少しでも脂身を堪能したい方にはオススメのメニューです。

2-2.控えるべきメニュー

乱切りステーキ

乱切りステーキのカロリーは100g当たり約446kcal。ランチメニューの中で一番カロリーが高いメニューになります。ランチで楽しめる乱切りカットステーキはお肉の様々な部位を集めたものであり、色々な味わいを楽しむことができますが、脂身が多い部位に当たる場合もあれば赤身にあたる場合があり、カロリーは不安定です。乱切りステーキは自分が思っている以上にカロリーを摂っている可能性があります。ダイエットを意識している方には不向きのメニューです。

本格熟成国産牛サーロインステーキ

本格熟成国産牛サーロインステーキは100g当たり約424Kcal。国産のしっかりと熟成されたサーロインステーキで20日間熟成された脂身の部分と赤身の部分がしっかりと分かれたおり、脂身の甘さも感じられます。しかし、国産牛はアメリカ産牛と比べると脂身が多いため、トップリブロースのカロリーの1.6倍ものカロリーを摂取することになります。カロリーを気にする人は、本格熟成国産牛サーロインステーキは控えた方が良いでしょう。

本格熟成国産牛リブロースステーキ

本格熟成国産牛リブロースステーキ100g当たりのカロリーは約356kcal。国産牛サーロインと同じ、20日間熟成された国産のお肉を使っています。こちらもアメリカ産と比べると脂身が多いため、ミドルリブロースのカロリーと比較すると1.3倍高い為、カロリーを気にしている人は、控えた方が良いメニューです。どうしても国産のものが食べたい方は、国産牛リブロースの方がサーロインと比較するとカロリーは約70kcalを抑えることができるので、国産牛リブロースステーキをオススメします。

3.いきなりステーキのカロリーを抑える食べ方

2章でいきなりステーキのおすすめメニューをご紹介しました。それでも、やっぱりカロリーが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。では、いきなりステーキを食べたいと思う人はどのような食べ方をすれば良いのでしょうか。ここでは、いきなりステーキを食べたい人が少しでもカロリーの摂取を抑える食べ方をお教えします。

 

3-1.脂身が少ない部位を選ぶ

脂質はエネルギーに変換しなければ、脂肪として蓄えられてしまい、肥満の原因になります。そのため、脂質が低い肉は赤身肉を選びましょう。サーロインやロースが食べたいときは、脂の部分を取り除くことでカロリーを約1/3ほどカットできます。

 

3-2.食べる順番を変える

野菜などの食物繊維 肉などのタンパク質 ご飯などの炭水化物 野菜から食べ始めると、食物繊維から消化されていくので、脂肪の吸収を抑えるので、太りにくい体質になるのです。

 

3-3.ハンバーグに注意する

ハンバーグのひき肉には20%以上の脂質が混ぜ込んでいますので、気づかないうちに脂を摂ってしまっています。また肉をつなぐ為パン粉を使用している為、糖質も摂ってしまうので、注意しましょう。

 

4.いきなりステーキで糖質制限ダイエットができる

ダイエットをすると考えたときは、まずカロリーを減らすということを考えるかもしれません。ですが、最近ではカロリーとは違った、糖質量を考える「糖質ダイエット」という方法も注目されています。いきなりステーキのメニューはこの糖質制限ダイエットにピッタリなんです。

4-1.糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットとは「糖質を多く含む食べ物を制限することにより、血糖値の上昇やインスリンの分泌を抑えて余分な体脂肪を燃焼させるダイエット」のことです。日本人の1日あたりの炭水化物の目標摂取量は250g~300gと言われています。例えば白米のごはん1杯の糖質は50gです。この白米1杯をお肉200g(糖質は0.6g)に変えるだけで、糖質は約1/80もカットできます。食べる量は変わらなのに1杯のご飯を我慢することにより1日の摂取する糖質が抑えられ、たんぱく質や脂質は腹持ちもいいため、ダイエットにありがちな空腹感をほとんど感じずにダイエットを進めることができるでしょう。

4-2.肉は低糖質でダイエットに効率の良い食材

糖質は体のエネルギー源となりますが、摂り過ぎると糖質は脂肪として蓄えられて、やがて肥満となってしまいます。糖質を制限することによって脂肪を燃焼しやすくすることが大切です。肉には筋肉の材料となるタンパク質が豊富に含まれています。筋肉が増えればエネルギー消費が増え、基礎代謝が高まり、太りにくい体づくりにつながります。また、肉には含まれるたんぱく質には必須アミノ酸がバランスよく含まれており、体内で効率よく使われるといわれています。肉は糖質ダイエットに適している食材なのです。

4-3. いきなりステーキのメニューの糖質

いきなりステーキのメニューで糖質量はハンバーグ以外、国産も輸入産も糖質量はほとんど差がありません。最もカロリーが少ないのはミドルリブステーキ100gのカロリー265Kcalなので糖質の事を考えるといきなりステーキで一番ダイエット向きのメニューはミドルリブロースステーキになります。

5.いきなりステーキのランチで糖質を抑える裏技

いきなりステーキのランチを食べる際、少しでも糖質を抑えたいと思いませんか。そこで、糖質を少なくする食べ方の裏技をこっそり教えます。

5-1. サラダを注文して野菜炒めにする

サラダをそのまま食べても美味しいのですが、サラダを使って野菜炒めをすることができます。肉をあらかじめダイスカットにし、鉄板の熱が冷めないうちにサラダを加えて混ぜます。卓上のオリジナルステーキソースはちょっとずつかけていき、蒸し焼きにようにしていきます。ソースをかけすぎると塩気が強くんなるので、注意が必要です。野菜炒めにすることによってドレッシングのカロリーを抑えることができるので、野菜炒めにする食べ方をオススメします。

5-2. 野菜を変更する

いきなりステーキでチェンブロという言葉を聞いたことはありませんか。チェンブロとは「チェンジブロッコリー」の略語のことです。いきなりステーキでは、コーンとオニオンを別の野菜に変更することができます。特に脂質が気になる人は、糖質の少ないブロッコリーに変更することが多くいます。糖質を気になる人はぜひ、野菜をブロッコリーに変えてみましょう。

5-3. サラダをお新香へ変える

サラダは野菜を食べることができるから良いけど、ドレッシングは意外とカロリーが高いと思う人がいるかもしれません。そんな時は、サラダをお新香へ変更できます。お新香は漬物のことです。ドレッシングに含まれているオイルの脂質を気にしている人はお新香に変えましょう。

6.カロリーを消費するおススメの運動

いきなりステーキを食べて痩せる真相やランチの食べ方の工夫をご紹介しました。この章ではいきなりステーキを食べた後さらに、効果的にカロリーを減らす運動を教えます。

6-1.ランニング

ランニングは手軽ですぐに始めることができる為、ダイエットには最適な運動です。人によって消費カロリーが異なりますが、1時間当たり消費カロリーは約400kcalです。ランニングは脂肪燃焼効果があり、効果的にカロリーを消費できます。ミドルリブロースステーキ200gを消費するには80分行うとカロリーが消費されます。

Woman running on Santa Monica Beach Boardwalk

6-2.水中ウォーキング

ランニングに比較すると手軽に行うことができませんが、水泳はダイエット効果がとても高い全身運動になります。そのなかでも、クロールや平泳ぎができなくても水中を歩くだけでも、陸上を歩くより負荷がかかり消費カロリーは倍増しますので、同じ運動時間でダイエット効果は何倍にも多くなります。水中ウォーキングは1時間当たりの消費カロリーは約200400kcalです。消費カロリーを200Kcalとした場合、90分行うだけで、ミドルリブロースステーキのカロリーを半分消費できます。

aquagym

7.まとめ

いかがだったでしょうか。いきなりステーキのメニューのそれぞれのカロリーをご紹介しました。太ることが心配でステーキがなかなか食べれないという方でも、食べ方を工夫するポイントを押さえるとお肉はダイエット効果を発揮することができます。ぜひ、いきなりステーキで楽しいお肉ライフを楽しんで見て下さい。