トップページ > お客様訪問記 > 松本和男様 「好きなものを食べることができる幸せ」

松本和男様 「好きなものを食べることができる幸せ」

福岡県にお住まい。昭和22年(1947年)生まれ73歳(※撮影時)の松本さん。長年の企業勤務を終え、町役場での8年缶のお勤めの後、現在は一人暮らしを楽しむ日々。

―はじめ、アカポリはどちらでお知りになりましたか?

もう4~5年前になるかな、美容院で髪の毛を染めてもらっている時に雑誌を見ていたら、アカポリの記事を見つけて、スマホで記録。帰ってからコールセンターに電話して、すぐに取り寄せみました。そのころから食べ過ぎてはクリニックに行ってたこともあってね。今でも一番の楽しみは美味しい食事。美味しいものを食べられなくなったら、本当に毎日の生活も楽しくなくなります。

―毎日どのような生活を楽しんでいらっしゃいますか?

企業に勤めていたころは、あちこちに出張で出かけた経験から、今でも四季折々の花や各地の美味しいものを思い出しますね。旅行も大好きですけど、今はなかなか旅に出るのも大変なので、最近は近場の温泉が良いと美味しいものを食べること、それとカラオケが楽しみかな。

―温泉にカラオケってやっぱり良いですよね。

温泉に行くとたくさんの友達に会えるのが楽しみ。最近も女性の友達が出来ました。顔を見かけない時は、夜に電話で長話をしたり、気ままで自由な時間を過ごしたりしています。

―最近はどのような食事を楽しんでいらっしゃいますか?

ちょうど今の季節(訪れたのは初秋)はワタリガニが美味しいんですよ。近くに漁港の魚市場があり、ワタリガニの大きいものを「岬ガザミ」と呼んでいて、夏から秋にかけての季節が旬なんです。味も濃くて上品な甘みが強くて美味しいんですよ。食べ方は、塩ゆでか蒸すのが一番簡単で美味しいです。まず甲羅を外して甲羅の裏についたみそと内子を味わい、次に胸の肉にむしゃぶりつくのが最高です。

―食べ過ぎはお体に良くないので気を付けてくださいね。

この前もちょっと暴飲暴食をしてしまって、体調がおかしくなったことがあったけど、今は元気ですよ。アカポリを飲んでいるという安心感があります。

―以前はTVCMにもご出演いただき、ありがとうございました。

よく言われるんですよ、友達から「見たよ」って。自分でもまだ見ていないのにね(笑)。こうしてアカシアの樹の方から色々詳しい話をお聞きできるのも助かるし、私と同じように苦労している方が好きなものを食べることができるようになれば、人生の楽しみも増えていきます。皆さんにもそうなってほしいと願っています。