アカポリ糖ケアに副作用はあるの?

補聴器と水

血糖値が気になるので、アカポリ糖ケアを飲もうと思うけれど、副作用が心配だという方もいるのではないでしょうか。どのような副作用が起こるのか、という事も気になる点だと思います。そこで、アカポリ糖ケアの副作用について詳しくご紹介をしていきます。

1.アカポリ糖ケアに副作用はありません

OK

アカポリ糖ケアには基本的には副作用はありません。実際に臨床試験を行い、その安全性を確保しています。

1-1.7.5倍量を継続して飲んでも副作用はなし

アカポリ糖ケア増量して飲んだ場合、成分が体に影響が起こるかを調べました。アカポリ糖ケアの1日の目安量6粒にはアカシア樹皮由来プロアントシアニジンが163mg含まれています。アカシア樹皮由来プロアントシアニジンとは「アカポリ糖ケア」の食後血糖値の上昇を穏やかにしてくれる機能の機能性関与成分です。

このプロアントシアニジンを1222.5mgを含む錠剤を毎日飲むことを4週間継続してもらう臨床試験を実施しました。その量を継続して摂取しても、被験者の身体への異常は認められませんでした。通常の安全性試験では5倍量の成分摂取を基準としていますが、アカポリ糖ケアはさらに多い7.5倍量で試験を実施することで、より高い安全性を確認しています。

1-2.約10万人へ販売実績で安全性を確認

2007年の発売以降およそ10万人に対してのべ150万食以上の販売実績があります。長期間、多くの方にお飲みいただいていますが、その間、摂取に起因したと考えられる健康被害は確認されていません

1-3.薬との相性で問題のある報告はされていない

このプロアントシアニジンをアカポリ糖ケアは食品ですので、薬との飲み合わせについても基本的に問題ありません。また、アカポリ糖ケアの機能性関与成分「アカシア樹皮由来プロアントシアニジン」と、薬との影響については過去の事例において1件も報告されていません。

2.アカポリ糖ケアはアレルギーを起こす原料を使用していません。

白衣の男性が×

消費者庁では「アレルギー症状を引き起こすことが明らかである食品」として27品目の原材料を指定しています。特に発症者数や症状の重症度が高い食品7品目は「特定原材料」として定め、パッケージへの表示を義務づけられています。

さらに、20品目を「特定原材料に準ずるもの」として、可能な限り表示するよう推奨されています。」アカポリ糖ケアはこれら表示対象にある27品目のいずれも含んでおりませんので、基本的にはアレルギー症状を引き起こすことはありません

表示の義務があるもの
(特定原材料7品目)

卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに

表示が推奨されているもの
(特定原材料に準ずるもの20品目)

いくら、キウイフルーツ、くるみ、大豆、カシューナッツ、バナナ、やまいも、もも、りんご、さば、ごま、さけ、いか、鶏肉、ゼラチン、豚肉、オレンジ、牛肉、あわび、まつたけ
義務ではないため、含まれていても表示されないことがあります。

参照:アレルギー表示に関する情報/消費者庁

3.アカポリ糖ケアの原材料

手のひらにサプリと水

薬を飲まれている方やお体の状況により、上記の27品目のアレルギー原材料以外にお医者様から特定の成分摂取を制限される場合があります。下記に原材料表示および栄養成分表示を記載いたしますので、気になる成分がある際にはご確認ください。

3-1.原材料

アカシア樹皮抽出物、ビタミンE含有植物油/デキストリン、還元麦芽糖、セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、パントテン酸カルシウム、加工デンプン、ナイアシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、シェラック、ビタミンA、葉酸、ビタミンB12、ビタミンD

3-2.ビタミン類以外の原材料について

アカポリ糖ケアの原材料には大きく分けて、ビタミン類とその他の成分が含まれています。ビタミン類以外は聞いたことがない原材料も多いと思いますので、その特徴をご紹介します。いずれも一般的によく使用されるもの、もしくは安全性がしっかりと確認されている原材料のみを配合しています。

アカシア樹皮抽出物

機能性関与成分「アカシア樹皮由来プロアントシアニジン」を含んでいます。

シェラック

サプリメントに多く含まれる他、ガムやチョコレートなどにも使用されています。

デキストリン

デキストリンは微かに甘い物質で、菓子類やソース、タレなど様々なものに使用されています。

還元麦芽糖

ガムやチョコレート、アイスクリームなどに使用されています。

セルロース

不溶性食物繊維の一種で、チーズなどの乳製品に多く含まれています。

ステアリン酸カルシウム

すべての粒のサプリメントに含まれる成分です。

パントテン酸カルシウム

ビタミンB群に含まれる物質で、以前はビタミンB5とも呼ばれていました。

加工デンプン

生菓子、ドレッシング、ジャムなどに使用されています。

4.『アカポリ糖ケア』のご注意

アカポリ糖ケア

アカポリ糖ケアには基本的に副作用はありませんが、お飲みいただい際の状況により体に影響が起こる場合があります。そのため、パッケージにも次のように記載していますが、このような時にはすぐに摂取を中止するようにしてください。

・体質や体調によって、まれにからだに合わない場合(かゆみ、発疹、胃腸の不快感など)があります。その際はご利用をおやめください。

・体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

5.まとめ

アカポリ糖ケアは基本的に副作用はないとご説明してきました。ですが、これからアカポリ糖ケアを飲むけれど、やっぱり気になる、という方は1週間程度1日1~2粒程度でまずはお試しください。そこで体調に変化がなければ6粒目安で飲んでいただくことをお勧めいたします。