トップページ > お役立情報 > 孫の出産祝いはどれくらい?相場やオススメのお祝いを紹介

孫の出産祝いはどれくらい?相場やオススメのお祝いを紹介

孫の出産祝いはどれくらい?相場やオススメのお祝いを紹介

孫の誕生の誕生はうれしいですよね。今まで可愛がっていた、孫ができるということで、子供の成長の早さと月日の過行く速さを一段と認識させられる出来事です。お祝いとして孫に出産祝いを送ることを考えている人も少なくはないでしょう。しかし、孫が生まれたという経験がある人は周りには少ないのではないでしょうか。そこで今回は孫の出産祝いについての話題です。

1.出産祝いは1万円程度が相場と考えましょう

通常の出産祝いのマナーを押さえて、祝うと良いでしょう。生まれた赤ちゃんの祖父母である場合、つまりパパママとの関係性が父母である場合の相場は、30,00050,000円程度が一般的とされています。多い方で10万や、数十万円分のお祝いをする方もいます。

もちろんこの金額は決まったものではないので、金額に関してはご両家の事情や地域や風習、もちろん経済的な事情を考慮して決めるので良いでしょう。ただし、「4」や「9」などの縁起が悪いと言われる数字は避けた方が無難です。

1-1.金銭的に余裕がない場合はお金以外を送っても喜ばれます。

お祝いといえばお金を送ることとなりがちですが、そうではありません。金銭的に余裕がない場合は、記念となるものを送ることもよいお祝いです。

例えば名入れのスプーンなどがあります。これは名前が決まってからのオーダーとなるので、贈り物としては少し遅めのものになりますが。一生の記念の贈り物になるのではないでしょうか。

赤ちゃんのお祝いに贈る名入れシルバースプーン

https://www.kitchentool.jp/royalspoon/spoon.html

1-2.ベビー用品は避けた方が無難

出産祝いにベビー用品を送ることも一般化してきていますが。ベビー用品については避けた方が無難でしょう。これはベビー用品については知人から一般的に送られることが多くなっています。また、送るもののデザインについても今頃の人の感性についていけない可能性も高いので、避けた方がよいでしょう。

ただ、おむつなどの消耗品はいくつあってもよいので、消耗品を送ることは喜ばれる贈り物の一つです。

2.出産祝いを送るタイミング

知っている人も多いでしょうが、出産前に出産祝いを渡すことはタブーとされています。出産は母子ともに身体に大変負担のかかることです。無事に出産して、母子ともに健康であることを確認してから送ることが理想です。

渡すタイミングは孫が生まれてから、お七夜が終わる頃の1週間後から、お宮参りをする1ヶ月後ぐらいまでの間に贈るとよいとされています。その他の通常行事や季節のイベントなどとかぶらず、また直接渡しに行くのであれば、お孫さんのママやパパの都合を聞いてタイミングを合わせましょう。

2-1.直接送るのはあまりよくない

早く直接会いたいという思いは抑えて、お孫さんの両親から言われない限りは、郵送などで贈る方がよいとされています。直接渡す場合は、生まれてまもないお孫さんや出産後のママの負担にならないように、こちらから自宅などに赴く方がよいでしょう。

その場合も、無理に会おうとせず、母子の状態をよく考慮して、気を遣わせないように考慮した方がよいです。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。子供のために何か贈り物を送ることは素晴らしいことです。お金を送って、贈られた人の自由に購入してもらうこともよいですが、一生の記念になるものを送ることもよいでしょう。出来れば喜ばれるものを送ることが望ましいので相談することも選択肢の中に入れておきましょう。