トップページ > お役立情報 > キャッシュレス決済ってそもそも何?そのメリット・デメリットは?

キャッシュレス決済ってそもそも何?そのメリット・デメリットは?

キャッシュレス決済ってそもそも何?そのメリット・デメリットは?

最近よく聞くようになったキャッシュレス決済。TVや街でもよくこの言葉を見かけるようになりましたが、何となく難しそう、面倒そう、情報漏れが怖い、といったイメージがあるのではないでしょうか。

ですが、キャッシュレス決済を知って上手に利用すればとてもお得で便利であることは間違いありません。そこで、今回はキャッシュレス決済とは?キャッシュレス決済のメリットやデメリットについてご紹介をしていきます。

1.キャッシュレス決済は3種類ある

キャッシュレス決済というと、ペイペイ、楽天ペイ、ファミペイといった○○ペイと呼ばれる方法が目立つので、新しく始まった方法のように感じるかもしれません。ですが、キャッシュレス決済自体は以前から利用され、使われています。ではどのようなものがあるのでしょうか、大きく分けるとその支払い方法によって3つに分けることができます。

Suicaなどの交通系のカードやクレジットカードは以前から使用されていますが、これらもキャッシュレス決済に含まれます。では、具体的にそれぞれの特徴を見ていきます。

1-1.先払い

まずは先払いのキャッシュレス決済です。代表的なものは、各種公共交通機関で使用できる交通系カード(SuicaICOCAPASMO)、最近よく目にするペイペイ、楽天ペイ、Lineペイなどがこれに当てはまります。現金を先払い(チャージ)することで使用できるようになるほか、クレジットカードからチャージする方法もあります。これらは電子マネーとも呼ばれています。

<特徴>

・暗証番号やサインが不要で支払いが早い

・使用できる金額が限られているので使いすぎなくて済む

・盗難にあった場合でも被害が少なくてすむ

・ポイント還元されるものがある

・自動販売機で使えるものもある

・使用できる店舗やサービスが限られている

・カード式が主流だったがスマホで使えるものも多い

1-2.即時払い

代表的なものではデビットカードが挙げられます。デビットカードとは各銀行口座と紐づけられており、支払いと同時に口座から代金が即時で引き落とさるカードです。また、日本郵便が郵貯ペイを開始しましたが、こちらは他の〇〇ペイとは異なり、デビットカードと同様に即時決済がされる仕組みになっています。

<特徴>

・クレジットカード支払い限定の時にも利用できる

・利用限度額が銀行口座の残高なので使いすぎを防止しやすい

・事前のチャージが不要

・キャッシュカードと一体化したものが発行されている

・ポイントが貯まったりキャッシュバックがあったりする

ATM手数料を節約できる

・海外のATMで現地通貨を引き出せ、外貨両替が不要

・分割払いやボーナス払いはできない

1-3.後払い

後払いのキャッシュレス決済にはクレジットカードが挙げられます。JCBVISAMASTER、カードなどのカード会社と提携し、様々なサービス・店舗が独自のカードを発行しています。

<特徴>

・対応しているお店が多い

・利用金額に応じてポイントが貯まる

・公共料金や家賃など支払い用途が広い

・分割払いやボーナス払いなど支払い方法がさまざま

・不正利用補償がついているものが多い

・海外でも使える

・審査が必要なため発行できないことがある

2.キャッシュレス決済メリット・デメリット

キャッシュレス決済では良い点ばかりが叫ばれていますが、悪い点の両面があります。実例を踏まえながらそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

2-1.メリット

2-1-1.会計が簡単

キャッシュレス決済にすると小銭を持ち歩く必要はなくなり、会計の度にお金を取り出すといった時間も短縮できます。ちなみに「クレジットカードやスマホの暗証番号を間違えるのが恥ずかしい」といったことを気にして現金を利用する方も少なくありませんが、番号入力のない交通系ICカード(SuicaIcoca)を使えば、そういった不安を解消してくれます。

2-1-2.お金の管理が明確

現金で支払いしていると、家計簿をつけていてもお金の管理がおろそかになりがちです。ですが、キャッシュレス決済では家計簿をつけなくても、スマートフォンの画面上などでお金の管理状況が簡単に把握することができます。使ったお金の記入漏れの心配もありません。

2-1-3.ポイントが付く

キャッシュレス決済の魅力の一つはポイントが付く事です。キャッシュレス決済をするだけで自動でポイントが付くので、ポイントカードを持ち歩く必要がありません。そのため、たくさんのポイントカードでお財布がいっぱいになる、レジの前でポイントカードを探すことなくスムーズに会計をすることができます。

2-2.デメリット

次にデメリットです。特に気になるのはセキュリティ部分ではないでしょうか。

2-2-1.盗難・紛失時には悪用されることも

以前のような「ガラケー」であれば、携帯を落とすとリスクは個人情報の流出だけでしたが、最近はスマホで各キャッシュレス決済を紐づけておくと、使用されてしまうというリスクも発生するようになりました。キャッシュレス元年と言われた2019年は特に決済情報の流出が多く、最も大きな出来事として挙げられるのがセブンイレブンジャパンの公式アプリ「セブンペイ」。スタート直後からセキュリティの弱さが指摘され、廃止に追い込まれるなど利用者に大きな不安を残しました。

しかし、セキュリティの強化については各社で漏洩防止策を行っています。例えば、決済サービスの一つ「ペイペイ」では本人認証サービス「3Dセキュア」を新たに導入することで、当初1%100回に1回)近い不正発生率を0.004%25,000回に1回)の割合まで減少させています。また、不正利用が発覚した場合については、ペイペイ側で不正利用された金額の全額補償を行っています。

参考:不正利用による被害を補償する制度の導入について:PayPay

https://about.paypay.ne.jp/pr/pr20190828_02.pdf?_ga=2.182521766.1665918174.1576039074-1324797844.1574819944

2-2-2.使えるお店と使えないお店がある

キャッシュレス決済は、サービスを導入した加盟店でのみ利用が可能です。店によってクレジットカードは使えるけれど、電子マネーは使えないなど、使えるサービスも異なります。現在、キャッシュレス決済を導入している店舗は急速に増えており、都市部では使えるお店が多いですが、地方ではまだまだ少ないのが現状です。よく行くお店は事前にチェックするようにしましょう。

2-2-3.スマホタイプは電池切れで使用不可に

キャッシュレス決済の先払いタイプにはスマートフォンの画面のバーコードを表示して支払うタイプがあります。この場合、いくらチャージしていても、スマホの充電ができていなければ画面を表示できず支払いができません。電車の中や休憩中など、スマホを操作する機会が多く、知らず知らずのうちに電池が減りやすくなっています。スムーズに支払いができるよう、電池の残量には注意が必要です。

3.ポイント還元制度を利用しよう

キャッシュレス決済が流行した背景の一つは国が進めるポイント還元制度にあります。2019101日から消費税率引上げに伴う国の需要平準化対策として、キャッシュレス決済をするだけで購入代金の2%5%のポイント還元が受けられるという制度です。これは普段のポイントに加えて加算されるので、とてもお得になります。ですが、注意したいポイントが2つあります。

・期限がある

・ポイント還元されるのは特定店舗のみ

2019年10月から開始した制度は2020630日で終了となります。また、ポイント還元がされるのは「制度の申請をした、中小企業の店舗」のみとなります。すべての店舗でポイント還元されるわけではない、という点に注意が必要です。制度の対象店舗かどうかは上記マークが目印となりますので、見つけたらぜひキャッシュレス決済を利用してみてください。

4.オススメのキャッシュレス決済

ご紹介したように、たくさんあるキャッシュレス決済ですが、どれを選べば良いか迷ってしまいますね。そこで、オススメするのがキャッシュレス決済方法をご紹介します。

4-1.JR交通系ICカード

簡単・安心・使える場所が多い点から、SuicaICOCAといったJR交通系ICカードがオススメです。特に普段から公共交通機関を利用している人には非常に利便性が高く、また駅周辺の施設やコンビニ、飲食店など全国各所で使える場所も非常に多くあります。セキュリティの面からも先払いなので、例え落としても大きな被害にはなりません。暗証番号で迷ったりすることもなく、スピーディーかつ安心して使用できるはずです。

4-2.ペイペイ

PayPay(ペイペイ)はスマートフォンを利用した先払い方式のキャッシュレス決済です。スマートフォンを持っているのなら、ぜひおすすめしたいのがペイペイです。オススメする理由で最も大きなものが利用できる店舗の多さにあります。下記にペイペイの利用可能店舗をご紹介していますが、その店舗の量に驚くかもしれません。

参考:主なご利用可能店舗/PayPay

https://paypay.ne.jp/shop/

次の理由はポイントです。ペイペイを利用して決済をするだけで、いつでも金額の0.5%のポイントがもらえます。さらにTポイントカードを登録する、Yahoo!カードと紐づけるなどすると最大5%まで還元率をあげることができます。これは3章で紹介したポイント還元制度とは併用可能であるため、合計10%還元が可能になります。

また、セキュリティに関しても先述した通り、改良が何度も加えられ悪用されるリスクは非常に低くなっています。使い方・設定方法については下のリンクから確認してみてください。

参考:PayPayを始めよう!/PayPay

https://paypay.ne.jp/guide/start/

5.まとめ

キャッシュレス決済についてご紹介をしました。最初は少し難しく見えるキャッシュレス決済ですが、上手く使えばお得に便利に支払いをすることができます。ぜひ、使ってみてくださいね。